FC2ブログ

雑記(メモ)。

スウェーデンで7月1日に施行された性犯罪に関する規定の改正法の内容について、twitter上で主に弁護士その他の法律関係者の間で少し話題になっているのですが、外国法の内容については不正確な情報が出回りやすく、今回も不正確と思われる情報がいろいろと出回っているみたいですので、条文等についてリンクを張っておきます。

・改正法の内容については、SFS2018:618

・改正法の内容を反映させたスウェーデン刑法(brottsbalk)の条文については、http://rkrattsbaser.gov.se/sfst?bet=1962:700とかhttps://www.riksdagen.se/sv/dokument-lagar/dokument/svensk-forfattningssamling/brottsbalk-1962700_sfs-1962-700とか。

・性犯罪(sexualbrott)に関する規定はスウェーデン刑法6章。

・ちゃんと訳してからでないとはっきりしたことは言えないんですが、witter上では、①明白な同意のない性交は強姦として処罰するとする改正であるとか、②同意の立証責任は被告人側が負うとか、③過失犯処罰規定を新設したとか、そういった類のツイートがちらほらと見られるのですが、①は誤りと言える程度に不正確、②はそもそも立証すべき事実は何かという点からおかしいうえに根拠不明、③は誤りとまでは言い難いものの重要な事項について説明を付さなければ不正確です。

・強姦(våldtäkt。性交の他それと同等の性行為も含むので強制性交等と訳した方が多分良い)に関する規定は6章新1条。同条1項の条文は、

「Den som, med en person som inte deltar frivilligt, genomför ett samlag eller en annan sexuell handling som med hänsyn till kränkningens allvar är jämförlig med samlag, döms för våldtäkt till fängelse i lägst två år och högst sex år. Vid bedömningen av om ett deltagande är frivilligt eller inte ska det särskilt beaktas om frivillighet har kommit till uttryck genom ord eller handling eller på annat sätt. En person kan aldrig anses delta frivilligt om
1. deltagandet är en följd av misshandel, annat våld eller hot om brottslig gärning, hot om att åtala eller ange någon annan för brott eller hot om att lämna ett menligt meddelande om någon annan,
2. gärningsmannen otillbörligt utnyttjar att personen på grund av medvetslöshet, sömn, allvarlig rädsla, berusning eller annan drogpåverkan, sjukdom, kroppsskada, psykisk störning eller annars med hänsyn till omständigheterna befinner sig i en särskilt utsatt situation, eller
3. gärningsmannen förmår personen att delta genom att allvarligt missbruka att personen står i beroendeställning till gärningsmannen.」

・同項中に「同意」(samtycke、tillstånd、medgivande。なお、スウェーデン刑法では例えば7章2条のように同意という意味で前2者の語を用いることがある)を意味する語はない。

・議案書(proposition 2017/18:177。PDF版html版)には「Regeringen instämmer därför i kommitténs bedömning att det inte är lämpligt att använda begreppet samtycke som rekvisit i bestämmelserna om våldtäkt och sexuellt övergrepp.」という記述があり、構成要件(rekvisit)に同意(samtycke)という語を用いるのは適切でないというのが政府見解。

・条文中で用いられているのは「med en person som inte deltar frivilligt」(自由意思で参加していない人間と)。したがって、6章新1条の内容について同意という語を用いて説明しようとするのはこの時点で既に不適当。

・構成要件として「med en person som inte deltar frivilligt」(自由意思で参加していない人間と)という語が使われている以上、立証すべき事実は、相手方の同意の有無ではなく、相手方が自由意思で参加していなかったかどうか。

・構成要件中の「med en person som inte deltar frivilligt」(自由意思で参加していない人間と)について、相手方である人間が自由意思で参加していなかったことについて検察側が立証責任を負うのか、相手方である人間が自由意思で参加していたことについて被告人側が立証責任を負うのかということに関する言及はSFS2018:618には見あたらない。

・スウェーデンが批准し、スウェーデンでは人権と基本的自由の保護に関する条約に関する法律1項により法律として扱われ、かつ、スウェーデンの基本法のうちの1つである統治法2章19条により少なくとも法律より優越する効力を有するものとされるヨーロッパ人権条約の6条2項及びそれに関するヨーロッパ人権裁判所1988年12月6日判決(第77段落)やヨーロッパ人権裁判所2001年3月20日判決(第15段落)によれば、刑事訴訟における立証責任は検察側にある。

・刑事事件における立証責任については、EUのDirective (EU) 2016/343 of the European Parliament and of the Council of 9 March 2016 on the strengthening of certain aspects of the presumption of innocence and of the right to be present at the trial in criminal proceedingsの6条などもあるわけですが、省略。

・参加が自由意思によるものであったか否かについては、基本的に6章1条1項中段及び同項後段各号により評価され、まず、1項後段各号のいずれかに該当する場合は自由意思での参加とは決して考えられることはできない(kan aldrig anses)。

・1項後段1号は参加が暴力や犯罪行為等の脅威の結果である場合、1項後段2号はその人間が薬物の影響や精神障害などのために特に脆弱な状況にあるということを加害者が不正に利用した場合、1項後段3号はその人間が加害者に依存しているのをひどく不適切に利用することによって加害者がその人間を参加させた場合。

・1項後段各号にいずれにも該当しない場合、1項中段「Vid bedömningen av om ett deltagande är frivilligt eller inte ska det särskilt beaktas om frivillighet har kommit till uttryck genom ord eller handling eller på annat sätt.」(参加が自由意思によるか否かの評価の際、言葉または行為または他の方法により自由意思が表現されていたかどうかが特に考慮されるものとする)の問題になる。

・議案書(proposition 2017/18:177。PDF版html版)には、「Utgångspunkten bör vara att den som deltar frivilligt i en sexuell handling ger uttryck för sin vilja att delta på något sätt och att avsaknaden av sådana uttryck normalt får förstås som att deltagandet inte är frivilligt.」(出発点は、性的行為に自由意思で参加する者は何らかの方法で自身の参加するという意思を表現すること及びそのような表現の欠如は通常その参加が自由意思によるものでないとして理解されてよいということであるべきである)という記述がある。

・1項中段及び上記議案書の記述をあわせて読むと、参加の意思の表現がなかったという事実はそれだけでその者が自由意思で参加していなかったと評価し得るほどに強く考慮されるべきということになる(法定証拠法則に近い感じがする)。

・一方、議案書(proposition 2017/18:177。PDF版html版)の別の場所には、「En konsekvens av att inte uppställa ett krav på att frivilligheten ska ha kommunicerats är att även s.k. tyst samtycke kommer att godtas. Ett godtagande av tyst samtycke vid sexuellt umgänge riskerar enligt kommittén att understödja fördomen att det är tillåtet att genomföra en sexuell handling med någon som inte uttryckligen har sagt nej. Regeringen delar inte den uppfattningen. Också vid ett tyst samtycke föreligger ett faktiskt frivilligt deltagande i den sexuella samvaron, även om detta samtycke inte kommit till uttryck.」という記述も存在する。

・1項後段の「kan aldrig anses」(決して考えられることはできない)という文言と1項中段の「ska det särskilt beaktas」(特に考慮されるものとする)という文言の違いや、上記議案書の記述のうち特に「Också vid ett tyst samtycke föreligger ett faktiskt frivilligt deltagande i den sexuella samvaron, även om detta samtycke inte kommit till uttryck.」(たとえこの同意が表現されていなかったとしても、静かな同意によっても性的行為への自由意思での参加は存在する)という部分からすると、参加の意思の表現がなかった場合であっても自由意思で参加していたと評価できる場合があり得る。

・ところで、twitter上で見られる「明白な同意」という語はどういう意味のものとして使われているのでしょうかね?

・過失犯処罰規定は新設された6章1a条(性交または侵害の深刻さを考慮して性交と同等である他の性行為)及び6章新3条(それ以外の性行為)。ただし、6条1a条1項の条文は「Den som begår en gärning som avses i 1 § och är grovt oaktsam beträffande omständigheten att den andra personen inte deltar frivilligt, döms för oaktsam våldtäkt till fängelse i högst fyra år.」、6章新3条1項の条文は「Den som begår en gärning som avses i 2 § och är grovt oaktsam beträffande omständigheten att den andra personen inte deltar frivilligt, döms för oaktsamt sexuellt övergrepp till fängelse i högst fyra år.」であり、両方とも「grovt oaktsam」(ひどく不注意な)という語を用いており、また、

議案書(proposition 2017/18:177。PDF版html版)にも「Att det ska krävas grov oaktsamhet godtas av de flesta remissinstanser. Regeringen anser att detta är en rimlig avgränsning och att kriminaliseringen skulle bli alltför långtgående om även oaktsamhet av normalgraden, som några remissinstanser är inne på, skulle omfattas.」とあることから、単なる過失ではなく重大な過失が要件となっていると考えられるので、単に過失犯処罰規定が新設されたと説明するだけにとどまり重大な過失が要件となっていることを説明しないのは明らかに不十分であり不適切。

・ついでに言うと、6章1a条についても6章3条についてもそれぞれの2項「Om gärningen med hänsyn till omständigheterna är mindre allvarlig, ska det inte dömas till ansvar.」により、その行為がその状況を考慮して深刻というほどではない(mindre allvarlig)場合は責任を問われない。

・とりあえず、こんなところで。
プロフィール

Author:stuvw

民放4局以下地域在住。
アニメ視聴はBSなどで。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ