ロウきゅーぶ!(1期)、アニメ化決定→今夏より放送決定→放送局決定→ニコニコ動画で無料ネット配信決定→とちぎテレビで放送→BS11で放送→サンテレビで再放送。

ロウきゅーぶ!(1期)
http://www.ro-kyu-bu.com/

tvk:7月2日より毎週(土)深夜24:30~
チバテレビ:7月3日より毎週(日)23:30~
MX:7月5日より毎週(火)深夜25:30~
テレ玉:7月6日より毎週(水)深夜26:05~
とちぎテレビ:2012年12月13日より毎週(木)23:30~
サンテレビ:7月4日より毎週(月)深夜24:00~、2013年4月14日より毎週(日)深夜25:00~
KBS:7月4日より毎週(月)深夜25:30~
テレビ愛知:7月8日より毎週(金)深夜26:00~
BS11:2013年4月10日より毎週(水)深夜24:30~
AT-X:7月1日より毎週(金)23:30~
ニコニコ動画:7月9日より毎週(土)12:30より無料配信

・BS11のソースはhttps://twitter.com/BS11_Anime/status/313147146775965697
・サンテレビでの再放送のソースはhttp://news.dengeki.com/elem/000/000/614/614134/
・これで来期のBS11深夜アニメ枠は全枠確定。

(以下、2012年以前記載分)

・ニコニコ動画のソースはhttp://ch.nicovideo.jp/channel/2011summer
・とちぎテレビのソースは番組表(http://www.tochigi-tv.jp/programschedule/?date=2012-12-13)。

(以下、2011年6月10日記載分)

・創通が押さえている枠とクオラスが押さえている枠が混在しているため代理店不明。
・追記。http://ascii.jp/elem/000/000/611/611979/index-2.html末尾記載の関連サイトにワーナーが記載されていることやhttp://twitter.com/#!/kamotan/status/79245282264621057からすると、ワーナー(担当は元ジェネオンの川瀬P)が関わっている模様。
http://twitter.com/#!/kamotan/status/79246730092216322http://twitter.com/#!/kamotan/status/79247065464573952からすると、ネット配信はありそう。
管理人さま、こんばんは。

ロウきゅーぶ、神様のメモ帳とも放送局や放映時間が決まりましたが、両方ともアスキーメディアワークス(AMW)&ジェネオンが絡んだ作品ですよね。
AMW&ジェネオンっていうとこれまでも「とある魔術の禁書目録(インデックス)」や「灼眼のシャナ」、「苺ましまろ」など数多くの作品でコンビを組んでるけど、両社がコンビを組んだ作品で2作品同時スタートとなるのは2009年10~12月放送の「とある科学の超電磁砲(2010年3月まで放送)」「乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつあ(2期)」以来となりますね。
このときも関東ではU局系での放送でしたが、後者はチバとテレ玉がとばされたんですよね(名古屋でも「乃木坂春香2期」は放送されなかった)。

それではまた。
「ロウきゅーぶ」はOPが「作詞 KOTOKO 作曲 八木沼悟志(fripSide)」となっていることからしてジェネオン関与のフシはあるのですが、それ以外にジェネオン関与をうかがわせる要素もなく関与の程度は薄い感じですし、ワーナーが関与していることやジェネオン&AMWは南関東4局・MBS・CBCという組み合わせが原則になっていたことも考えると、現時点ではワーナー&AMW(+ジェネオン)という感じでジェネオン&AMWとは言い難い(「とある魔術の禁書目録1期2期」等とは同列に扱いにくい)ような気がします。
管理人さま、こんばんは。

『ロウきゅーぶ!』はBSでは初放送になりますね。この件に関しては、第2期へ向けての放送だと思われます。これで、BS11の深夜アニメ枠は計17枠、再放送&旧作が5作品となりましたね。今後BS11の17枠という多くの枠を維持できるのか気になるところですね。

それでは、また。
管理人さま、こんばんは。

BS11の4月期深夜アニメ(ANIME+)枠の全作品が決定となりましたが、最後まで残ってた1枠には何と「ロウきゅーぶ」の1期(MXほか南関東U局4局など地上波局が視聴可能だったエリアでは実質的な再放送)が入ることになるとは思いませんでしたね(私が予想してた「琴浦さん」はBS11での遅れ放送は結局見送りとなりましたね)。
ロウきゅーぶはAT-X関与でもあるので1期のBS11での放送はないと思ってましたが。

ロウきゅーぶは既に2期製作が決まっており、7月から放送される予定となってますが、ワーナー関与アニメ2枠のうち、4月期は金曜24時30分枠「リトバス」の後枠には「超電磁砲2期」(ジェネオン主導でワーナー関与)が入ることがほぼ確実となり、金曜24時枠「ジョジョ」の後番は集英社つながりでバンビジュ製作「黒子のバスケ1期」の再放送が入ることとなったので、ワーナーとしてもBS11で何とか4月期も自社関与枠を2枠確保したいということでロウきゅーぶの1期再放送を入れるということにしたかったのでしょうね。
同じAMW関与でアニプレ製作の「Angel Beats」の再放送はMXでは何度も再放送してもBS11(及び北関東局)では再放送の予定がないというのは「俺妹」とは違い、やはり続編製作決定とかBD-BOXの販促等が目的ではないということだからでしょうかね?(BS11が関与した集英社原作・ジェネオン製作「迷い猫オーバーラン」は続編製作決定やBD-BOXの販促等が目的ではなくても再放送された)
MXでも1度目のアニプレ枠(2010年10月期の再放送当時は土曜深夜枠ではなく日曜深夜枠でBS11・北関東局との同時ネット枠ではなかった)ではなく、2度目・3度目に続き2013年4月期での4度目の再々放送もまたもやブシロード枠送りとなってますし。

これで、BS11で放送する4月期深夜アニメのうち、新シリーズを前に旧シリーズを放送(再放送)する作品は「黒子のバスケ」「ハイスクールD×D」に続くものとなりましたが(2期を再放送する「WORKING」も3期製作が正式に決まれば4作品となる)、それではまた。
>海風さん

BS11の深夜アニメ枠数は新作UHFアニメの数に左右されますので毎クール17枠を維持するというのは困難だと思いますが、どれだけ多く維持できるかは気になるところですね。

なお、来期の17枠のうち旧作は継続を含めて6本です(「ロウきゅーぶ1期」「ハイスクールD×D1期」「中二病でも恋がしたい」「黒子のバスケ1期」「WORKING2期」「グレンラガン」)。

>でんえんさん

AT-X関与作品の2期直前1期放送はAT-Xでするのが通例でしたので私もBS11に「ロウきゅーぶ1期」が来る可能性は低いと思っていました。同じくAT-X関与である「ハイスクールD×D1期」もBS11に来ていますので、AT-X関与であるということはその旧作をBS放送するかについてそれほど強く影響するものではないのかもしれませんね。

ワーナーが4月期にBS11で2枠確保したかったというのは旧作を入れてでも2枠確保したいという理由が見えませんので、単に2気前に1期を放送しておきたかっただけではないかと思います。

MX・とちぎ・群馬・BS11のアニプレ3枠における旧作放送はこれまで2期・劇場版などの続編展開前かBD-BOX等の発売前がほとんどでしたので、アニプレはアニプレ3枠については基本的に具体的な宣伝目的がある作品に限っているのでしょうね(その点で「WORKING2期」再放送は少し気になるところですが)。MXでは特にそういう目的が無くてもアニプレ3枠以外も使って(実質)再放送をしている感じがします。

(BS11の「迷い猫オーバーラン」再放送(ノースポンサー)はBS11深夜アニメ枠に新作が8作来なかった頃にBS11関与作品なので穴埋めとして使いやすかったというのが理由だと思います。)

コメントの投稿


プロフィール

Author:stuvw

民放4局以下地域在住。
アニメ視聴はBSなどで。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ